中国トップレベルの知的財産権法律データ製品・サービスプロバイダー

顧問スペシャリスト

法律データの可視化分析の先行者

中国人民大学法学院知的財産権学院の院長及び同大学研究センター主任兼,同大学博士課程の指導教授とし教学にも務めている。又同大学学位委員会の委員,同大学法学院学位委員会の主席,教育部人文社会科学研究基地,中国人民大学民商事法律科学研究センター執行主任を経て。


劉春田(リュウシュンデン)現在は中国知的財産権法学研究会の会長兼,国家知的財産権専門家委員会の委員兼,最高人民検察院専門家委員会の委員兼,最高人民裁判所案件指導委員会の委員兼,中国知的財産権研究会の副会長兼,中国版権協会の副会長兼,中華商標協会の副会長兼,中国文字著作権協会の副主席兼,多国籍企業知的財産権促進委員会の副主席兼,中国音楽著作権協会の常務理事兼,国際知的財産権保護協会中国支社の理事兼,中南財経政法大学知的財財産権研究センター学術委員会の主席兼,中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁の委員兼,北京、西安、厦門、深圳等の仲裁委員会の仲裁委員など中国国務院から特殊労働手当を与えられている。


2010年には国家知的財産権局,国家工商管理総局,新聞出版総署などから全国知的財産権界に最も影響力がある人物と称され,2013年には英国《知的財産権管理》誌に全世界知的財産権界に最も影響力をある人物50人にも選べられるなど国内外で高い評価を受けでいる。

TOP